4pt

COUNTER-HEGEMONY IN THE THEORY OF THE MULTIPOLAR WORLD

Although the concept of hegemony in Critical Theory is based on Antonio Gramsci’s theory, it is necessary to distinguish this concept’s position on Gramscianism and neo-Gramscianism from how it is understood in the realist and neo-realist schools of IR.

The classical realists use the term “hegemony” in a relative sense and understand it as the “actual and substantial superiority of the potential power of any state over the potential of another one, often neighboring countries.” Hegemony might be understood as a regional phenomenon, as the determination of whether one or another political entity is considered a “hegemon” depends on scale. Thucydides introduced the term itself when he spoke of Athens and Sparta as the hegemons of the Peloponnesian War, and classical realism employs this term in the same way to this day. Such an understanding of hegemony can be described as “strategic” or “relative.”

In neo-realism, “hegemony” is understood in a global (structural) context. The main difference from classical realism lies in that “hegemony” cannot be regarded as a regional phenomenon. It is always a global one. The neorealism of K. Waltz, for example, insists that the balance of two hegemons (in a bipolar world) is the optimal structure of power balance on a world scale[ii]. R. Gilpin believes that hegemony can be combined only with unipolarity, i.e., it is possible for only a single hegemon to exist, this function today being played by the USA.

In both cases, the realists comprehend hegemony as a means of potential correlation between the potentials of different state powers. 

Gramsci's understanding of hegemony is completely different and finds itself in a completely opposite theoretical field. To avoid the misuse of this term in IR, and especially in the TMW, it is necessary to pay attention to Gramsci’s political theory, the context of which is regarded as a major priority in Critical Theory and TMW. Moreover, such an analysis will allows us to more clearly see the conceptual gap between Critical Theory and TMW.

グローバル革命同盟

1。我々は歴史的なサイクルの終了時に住んでいます。歴史の流れを構成するすべてのプロセスが論理的な行き詰まりになってきた。

。資本主義の終わり。資本主義の発展は、その自然の限界に達しました。世界経済システムに残された唯一つのパスがあります - それ自体にで折りたたんだりすることができます。純粋に金融機関は、第一銀行、その後、より複雑で高度な株式構造の漸進的増加に基づいて、近代資本主義のシステムから、生産と消費の比率から、需要と供給のバランスから、現実から完全に離婚になりました実生活との接続。世界のすべての富を構築金融ピラミッドの複雑な操作によって世界の金融寡頭制の手に集中されています。この寡頭制は、労働だけでなく、金融の家賃を介して固定市場のファンダメンタルズに接続資本だけでなく切り下げられました。他のすべての経済的な力は、この人間味国境を越えた急進的自由主義のエリートに奴隷にされています。かかわらず、我々は資本主義についてどのように感じるのは、それだけで別の危機に直面していないことを、明らかになりましたが、システム全体が完全な崩壊の瀬戸際に立っている。
グローバル寡頭政治は世界人口の大衆から継続的な崩壊を隠そうとする方法に関係なく、より多くの人々は、これは避けられないことを疑うに開始しないこと、および米国の住宅ローン市場の崩壊と主要によって引き起こされる世界的な金融危機、銀行は、世界規模の大惨事の始まりに過ぎない。
この大惨事​​を遅らせることができますが、それを防止または回避することはできません。世界経済は、それが今では動作する形で運命にある。
B。リソースの終わり。現在の人口動態の状況では、特に第三世界の国々で、考慮に世界人口の着実な成長を考慮して、人類は、地球の天然資源を使い果たしそうにだけではなく、現在の消費水準を維持することではなく、最低限のレベルで薄手の生存のために必要になってきた。我々は、高速成長の限界に近づいており、世界の飢餓、貧困、疫病、新しい標準となるでしょう。私たちは、地球の環境収容力を超えています。したがって、私たちは差し迫った人口の激減に直面しています。今日生まれている多くの人々は、究極の苦しみは大きいでしょう。このジレンマは簡単な解決策はありません。しかし、それが存在しないことをふりをすることは私たち自身の経済システムと成長の手で種としてのグローバルな集団自殺の最悪のシナリオへの転向歩くことです。
C。社会の終わり。欧米やアメリカの価値観の影響下にある任意の結合によって相互に接続されていない社会の霧化は、本格化している。コスモポリタニズムと新しい遊牧は、特に若い世代のために、最も一般的なライフスタイルとなっています。経済的不安定性と環境の激変と相まって、全体の社会を破壊する、前例のない移民の流れを引き起こす。

第四に政治理論。

20世紀の終わり - 近代のエポックの終わり。

20世紀は終わったが、我々は今それを理解し始めている。 20世紀はイデオロギーの世紀であった。前世紀の宗教、王朝、aristocraciesと国民国家にして、世界の地図を作り直す厳密にイデオロギーの領域へ再配備し、20世紀の政治、民族や文明においては、人々や社会の生活の中で大きな役割を果たしている場合新しい金型インチ部分的には、政治的イデオロギーが自分自身で以前、深い文明の傾向を体現し、部分的には彼らは絶対に政治的イデオロギーをinnovative.Allた、20世紀にそれらの普及と影響力のピークに到達した、 "新しい時間"の成果はあった[すなわち近世];と具現化、異なると異なる符号、近代の魂であるが。今日、我々は、飛躍的にこの時代から自分自身を解放しています。したがって、誰もが "イデオロギーの終焉"でさえ、ますます頻繁に "イデオロギーの危機"の話す。 (このように、ロシア連邦の憲法で政府のイデオロギーの存在が直接拒否されます)これは、より注意深く、この質問で自分自身を占有する時である。
20世紀の3つの主要な政治論とその運命
20世紀の3基礎的なイデオロギーは次のとおりだった:
•リベラリズム(左右)
•共産主義(マルクス主義社会主義と社会民主主義の両方と一緒に含む)
•ファシズム(国家社会主義と "第三の道"、仏国立サンジカリズム、ペロンのJusticialism、サラザールの体制等の他の変異体を含む。)
彼らは道に沿って、20世紀の全体の劇的な、流血の政治史を形成して、死に自分たちの中で戦った。これは、上記の行われていたように、その意味し、それらの出現の順番に応じて、これらの両方のイデオロギー(政治理論)序数に割り当てることが論理的である。